聞いたことを口に出すシャドーイング

聞いたことを口に出すシャドーイング

英会話力を伸ばしたかったらシャドーイングは最も効果的な練習方法の1つとなります。幼児が母国語を習得する時によく行っている方法であり、聞いたままをそのまま繰返す練習をすることがシャドーイングとなります。

 

 

シャドーイングをすることで、正しく聞き取る力がつきます。特に日本人の場合は、英語の音を誤認識している人も多く、正しい音をそのまま真似ることで正しい英語の音に慣れていくことが必要です。また、日本人は英語の単語のリズムについてもご認識している人が多いので、外国人が話すのもままのリズムでの英語に慣れなければ英会話を聞き取れるようになりません。何度も聞いて口に出すことで正しい音と正しいリズムに慣れることが大切です。

 

 

シャドーイングを何度も繰返していると、音がはっきり聞き取れるようになりますので、聞き取り能力は確実にあがります。もちろん、理解していることも重要であり、単語や用法を覚えることもしなければ理解はできません。しかし、シャドーイングを繰り返し練習することで単語なども自然と覚えてしまいますから、意識的に暗記を試みなくても良いのもこの練習方法のメリットとなります。

 

 

 

何度も繰返して言うことで、単語や正しい例文の暗記にもつながり、発話能力も高まります。聞いたままを言うので、発音も良くなり、リズムが正しければ、外国人の方にも聞き取り易い英語で話せるようになるのです。学校ではそれほど多くの時間を費やして練習しませんが、実は最も効率の良い学習方法です。是非取り入れてみて下さい。