英語耳を鍛えるのに最適な英会話の教材活用法:オーヴァーラッピング

英語耳を鍛えるのに最適な英会話の教材活用法:オーヴァーラッピング

英語の教材の使い方は読んだり聞いたりするだけではありません。
英会話の上達に効果的な「オーヴァーラッピング」という練習をしてみませんか。

 

 

オーヴァーラッピングとは、over「上から」、wrapping「包むこと」。
つまり、英会話のCDの発音に自分の声を上から重ねて包むように発声することです。
英会話のリズムやイントネーションを身に着けることができます。
TOEICなどの試験でリスニングの点数が上がることはもちろん、どんどん英語が話せるようになります。

 

 

オーヴァーラッピングは、カラオケと同じようだと思うと分かりやすいかもしれません。
知らない曲をカラオケで歌おうとする人はなかなかいないと思います。
まずは英文を覚えるぐらい繰り返しCDを聞くことが大切です。
次に、自分の読みやすいペースで英文を音読します。

 

 

発音やリズム、イントネーションに気を付けながらはっきりと声を出しましょう。
音読はなんとなく恥ずかしいかもしれませんが、もごもごと口の中だけで言ってもあまり英会話の練習にはなりません。
CDのリスニングと音読を10〜20回ぐらい行ったら、いよいよオーヴァーラッピングに挑戦です。

 

 

CDの声に被せるように、大きな声で英語を話します。
発音やリズム、強弱はもちろん、カラオケのように声色もまねて、外国人になりきりましょう。
レベルアップした練習ですので、初めから完璧にできる必要はありません。
CDに遅れてしまうところは、苦手なところなので、戻って音読をします。
練習を繰り返すうちに完璧なオーヴァーラッピングができるようになり、英会話も上達しています。