英語耳を鍛えるのに最適な英会話の教材活用法:英訳練習

英語耳を鍛えるのに最適な英会話の教材活用法:英訳練習

 語学の基本は第一に聴取能力です。最初に会話ありきですから、その会話を成り立たせるためにはまず相手がなんと言っているのか、正確に聞き取らなくてはなりません。外国語の中には日本語には無い音韻が含まれているので、そこを聞き取るのは難しいことです。近道は、自分の発音を矯正することでしょう。自分が発音できない音を聞き取ることはほぼできないと言って差し支えありません。

 

 

 高校上級クラスでの語彙力は、6000語くらいと言われています。それだけの英単語があるとかなりの表現が可能になるし、英語圏での生活にひどく困るということはなさそうです。しかし苦手な人にとっては、6000語というのは恐ろしい数です。

 

 

 苦手な人にとっては6000語がランダムに現れてくるのではという恐怖におののいているのだと考えられます。しかし実際にはそうではなく、それぞれの単語には親和性があって、一緒に用いられる組み合わせというものが存在します。そしてそれらの組み合わせを効率よくチェックできるのが、実は英会話教材なのです。英会話の内容をパターンとして覚え込んでおき、機会があることに増やしていけば、日本語でイメージしている言いたいことを素早く英訳することができます。それから興味の赴くままに、英会話教材から出発して自分が関心を持っている分野の本や記事を漁りながらストックを増やしていきます。ストックが多ければ多いほど素早い英訳ができるようになります。

 

 

 そこまでいけばかなり楽しんで英語の学習が進むと思います。会話でも作文でも、自在度が増していくでしょう。