英会話教材として使えるメディア:映画

英会話教材として使えるメディア:映画

英会話の教材はたくさん出ていますが、自分に興味がないと聞いていても頭に入ってきません。そこで好きな映画を使うことで英会話教材として使うことができます。はじめて使う映画はやはり簡単なものがいいです。いきなり難しいものから始めてしまうと嫌になり続きません。

 

 

ですのではじめて使う映画は外国の子供が観るような簡単なものがいいです。単純なストーリーで言葉の数も少ないほうがいいです。

 

 

少し聞き取れなくてもストーリーが想像しやすいようなものです。そうするとわからなくなっても自分で映画の中の会話の流れを想像しやすいです。そして次に大切なことは長編作ではなく短いタイプのものがいいでしょう。長くなると話が難解になりストーリーばかりに気がいきます。

 

 

それでは英会話の勉強にはなりません。短い作品をたくさん観ると効果があります。慣れるまでは耳から入る英語と字幕を併用しましょう。そして何回も同じ映画を使って耳を慣らすことです。字幕を消してもすべて聞き取れるようになり、自然と自分の口からセリフが出てくるようになったら成功です。

 

 

次は自分が興味を持っている作品に移ってもいいでしょう。簡単な内容の作品で使われる英会話は似たような英語が繰り返されますので、この方法を繰り返していくと簡単な日常会話はできるようになります。学校では習うことができない言い回しがたくさん出てきますのでそのたびに書き出していくとわかりやすいでしょう。何事も習得するには興味が必要です。決まった作品はなく大切なことは自分にとって興味の持てる作品であるかどうかです。