英会話教材として使えるメディア:ラジオ

英会話教材として使えるメディア:ラジオ

英会話教材としてはNHKラジオ第2で放送されている「ラジオ英会話」がお勧めです。NHK独自の基準としては高校生レベルとなっていますが、例えば社会人向けのビジネス用としても充分対応出来るものです。

 

 

「ラジオ英会話」の特徴は、何といってもネイティブスピーカーの会話に慣れることが出来て生の英会話を体感出来る点でしょう。内容は、慣用句など日常英会話に特化しており、かなり実用的なものとなっています。こうした英語はなかなか学校では学ぶことが出来ないものであり、大変貴重なものと言えるでしょう。

 

高校生レベルといっても、回数を重ねるにつれレベルアップしていき、最終的には高度な長文のヒアリング及びスピーキングへと展開していきます。また部分的に日本語を一切使わず英語のみの構成になりますから重要事項である英語で考え英語で表現するということが身に付いていきます。
とにかく番組は会話に特化しており、文法的なことは最小限に留められています。そうすることで、理屈ではなくナチュラルに、感覚的に英語を学ぶという場を提供しているのだと思います。

 

 

もうひとつ番組の特徴としては、ラジオであるということも重要な要素だと思います。視覚的な情報は一切入らず、聴覚だけを頼りに学ぶというのは重要です。これによって感覚が研ぎ澄まされますし、能動的に聞き取ろうという感覚が養われます。

 

 

実習はテキストを購入して行っていくのですが、テキストはその場しのぎのものではなくその後の復習にも大いに役立つ恒久的なものと言えます。