英会話教材として使えるメディア:プレゼンテーション動画

英会話教材として使えるメディア:プレゼンテーション動画

英会話を学ぶ際に、プレゼンテーション動画を使えばより効果的に学習することができます。使い方は2つあります。

 

 

1つ目はネイティブスピーカーのプレゼンテーション動画を見て、真似て、使えるフレーズをどんどん覚える方法です。この方法では、意見の表現の仕方を学ぶことができ、より伝わる英語を身につけられます。特に優れたプレゼンテーションは内容的にも大変興味深いものが多く、内容自体に興味が持てることもメリットです。例えば、大統領演説や有名な人のスピーチなどのプレゼンテーション動画は、非常に魅力的で惹きつけられる内容のものが多くオススメです。また、ビジネスマンの場合は、社長や会長、その他、成功をおさめたビジネスマンのプレゼンテーションを使ったり、上司や同僚のプレゼンテーションを使うことで、ビジネスに使えるプレゼンテーションスキルもつけることができます。

 

 

 

2つ目の方法は、自分自身によるプレゼンテーション動画を製作することです。これはまず、話す内容を決めるためにライティングから始まり、その後、発音練習を繰返して行われます。プレゼンテーションでは人に伝えることが大切なので、はっきりした英語を身につけることができます。そして、このスキルは英会話には必須のスキルであります。また、自分自身を撮影したプレゼンテーション動画をチェックすることで、自分を客観視することは上達に促し、何度も何度も練習することでより良い英会話力を身につけさせてくれます。