いま話題の音まねレッスンに挑戦

いま話題の音まねレッスンに挑戦

英会話を音まねレッスンで習得するのは良いことです。それは発音が基本だからです。

 

 

よく言われることですが、日本人にとってRと Lの発音は区別がしにくいものです。これは日本語でいうラ行の音とは違います。Rは口蓋に舌が触れないように発音しますし、Lは前歯の付け根に舌の先をあてて音を出します。この区別は大事です。

 

 

例えば、日本語の要領で「ライス」と言うとriceなのかliceなのか判別できません。前者は「ご飯」後者は「しらみ」という意味です。別の例ではsitとshitがあります。前者が「スィット」後者は「シット」のようになります。この二つは特に間違えないようにしなければなりません。

 

 

なぜならばsitは「座る」ですがshitは「くそっ!」という怒りや嫌悪を表す言葉になるからです。「シー」と「スィー」の違いはshe「彼女は」とsee「見る」でも区別が必要です。さらに日本人にとって特に難しいのはthです。

 

 

これは前歯で舌を噛んで発音するものです。英会話で頻繁に使う「I think〜」「私は〜と思う」と言う場合、意識してthを発音しましょう。またbreath「息」も発音次第ではbreast「女性の胸」と間違われますのでしっかり音まねレッスンで練習しましょう。またアクセントも意識しなければなりません。

 

 

例えば「ハワイ」と伝えたいとき、特に発音に注意するところはなさそうですが、単に「ハワイ」と言うだけでは通じません。この場合「ワ」にアクセントを置いて言うと通じます。このように、英会話を基本から練習するために音まねレッスンに挑戦してみましょう。