英語耳を鍛えるのに最適な英会話の教材活用法

英語耳を鍛えるのに最適な英会話の教材活用法

英会話はもう生きていくうえでのパスポートになりうると言えば大げさでしょうか。しかし0歳からの英会話も珍しくなく、学生はもちろん社会に出てからも英会話を避けて通るのが難しくさえなっている現代です。

 

 

0歳児のインプットのみでの英語は別として、日本人として日本の教育を普通に受けてきた者にとっては、学校の勉強以外での教材は英会話を身につけるうえでなくてはならないサポートグッズでしょう。ではどう活用するのが最も効果的かというと、大きく分けて二つになります。

 

 

一つはラジオのように常に英語の音として認識できるような環境にするために使うこと、これで頭の中に軽く英語の地盤を作ります。大事なことは単に聞き流すのではなく少しは意識していることです。

 

 

二つ目はその教材で使われている英語をきっちりと捉えられるように徹底的に活用することです。短時間であったり取り上げる英文を短文のみに限定したりしたうえで行う必要があります。方法は人によって合う合わないがあるかと思いますので選択肢として挙げると、完ぺきに捕らえられるまで何度も聞くこと、書き取ること、発音することです。この時、細部まで妥協はしないと心に誓い、aや the の取り違いも正確にチェックします。こうすることでネイティブのかすかな発音の差にも敏感になることができます。

 

 

 

この二つの方法を使って教材を活用できれば、いままでとは違った効果が間違いなく表れてきます。ぜひ頑張って、まずはひと月以上続けてみてください。